ツクリンク株式会社

NEWS

弁護士ドットコムと建設業の契約電子化推進を目的に提携いたしました

2018.02.28

弁護士ドットコムとハンズシェアが建設業界において提携
– 建築工事請負契約などの電子化を推進 –

クラウドサインとツクリンクロゴ

株式会社ハンズシェア(※現社名ツクリンク株式会社、以下:当社)は、弁護士ドットコム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:内田 陽介、東証マザーズ:6027、以下:弁護士ドットコム)と建設業界における電子契約の普及拡大を見据え、業務提携いたします。

■ 提携の目的
クラウドサインは、契約書の作成から締結、保管までWeb上で行うことができるクラウド契約サービスです。クラウドサインは、利用者が契約書のファイルをクラウドサイン上にアップロードし、相手方がサービス上で契約内容を承認するだけで契約締結が可能で、従来紙で締結を行う際に発生していた郵送代や紙、インク代などのコストが削減でき、契約締結を簡単かつスピーディに実施することができます。
弁護士ドットコムは産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」を活用し、この「クラウドサイン」を利用した建築工事請負契約の適法性について経済産業省に照会したところ、適法であることが明確になりました(※1)。これにより建設業界においてもクラウドサインを活用した電子契約が普及拡大していく法的環境が整備されたものと考えています。
今回のグレーゾーン解消制度の結果を受け、全国2万社超の建設会社が登録する日本最大級の建設業マッチングサイト「ツクリンク」(https://tsukulink.net/)を運営する当社と弁護士ドットコムは、建設業界における契約の電子化を推進するため提携いたしました。

■ 提携の概要
今回の提携により、当社はクラウドサインの販売代理店として登録する2万社の建設会社に加え、広く建設業界に向けて「クラウドサイン」の拡販をいたします。
また当社が運営する「ツクリンク」ではこれまで約8千件、総額100億円超の建設工事案件の掲載があります。将来的には、クラウドサインとツクリンクがAPIの連携をすることで、ツクリンク内での建設工事案件をクラウドサインで契約締結できるようにし、より多くの建設会社へクラウドサインを利用いただくことを検討しています。

※1 経済産業省のニュースリリース
電子契約サービスに係る建設業法の取扱いが明確になりました~産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用~
http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180129001/20180129001.html

弁護士ドットコム株式会社について https://corporate.bengo4.com 
本社  | 東京都港区六本木四丁目1番4号
設立日 | 2005年7月4日 
資本金 | 434百万円(2017年12月現在)
代表者 | 代表取締役会長 元榮 太一郎(弁護士)
      代表取締役社長 内田 陽介
上場市場| 東京証券取引所マザーズ市場
事業内容|「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム」「BUSINESS LAWYERS」「税理士ドットコム」、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。

株式会社ハンズシェア(※現社名ツクリンク株式会社)について http://www.handsshare.com/ 
本社  | 東京都港区麻布台一丁目4番3号
設立日 | 2012年7月18日 
資本金 | 73百万円(2017年12月現在)
代表者 | 代表取締役社長 内山 達雄
事業内容| 建設会社のPRやネットワーク強化を推進する建設業マッチングサイト「ツクリンク」を運営。